Entry Navigation

秋のシギチの渡り・アオアシシギさんが来ていました

秋の渡り、始まっていますね。
先週は写真が撮れない遠い場所にクサシギさんが2羽いました。

アオアシシギ
毎年必ずアオアシギさんが入る休耕田で

アオアシシギ
ブルブルッ

クサシギさん、アオアシシギさん、MFでは先発隊でやって来ます。
このアオアシシギさん、1羽でやってきたのかしら。

それにしても暑いですね。
国道の横にある温度計、今日は38度を記していました。
関連記事
スポンサーサイト
category
アオアシシギ

営巣をはじめて見ました、コシアカツバメ

巣の形が違うのですぐにわかりました。
屋外なので明るいかと思いましたが、影になる場所で、思った以上に暗い場所です。

コシアカツバメ
名前の赤い腰です

コシアカツバメ
巣から飛び立ちます

コシアカツバメ
穴から顔を出して様子を伺うのがとても可愛いです

飛び出しの瞬間を撮ろうと頑張りましたが、どれもボケました。

カラスさんやスズメさんの攻撃をうけ、巣作りを諦めることもあるそうです。
巣立ちまで邪魔が入らないように! と思います。

ピンボケですが巣から飛び出す時の写真を追加します。
コシアカツバメ
入り口が細いので体に翼をつけたまま飛び出します

コシアカツバメ
重力で体が落ちかけた時にサ~っと翼を広げ飛んでいきました

妙技でした。
関連記事
category
コシアカツバメ

ケリの幼鳥さんが無防備です

東海地方で局地的に多いケリさん。
でも絶滅危惧種に仲間入りしてしまいました。

ケリ
親鳥が注意を促していたのですが ドンドン近づいてきます

ケリ
ノ-トリです 羽を広げてジャンプしていました

ケリ
親鳥が見守っています

5年程前は、どの農耕地でもケリさんを見ました。
最近は数が減って、以前は20羽以上いたのに半分になってしまった農耕地もあります。
ケリさんは賑やかな鳴き声で気が強くて閉口するのですが、少なくなった農耕地に行くと実に寂しいものです。
関連記事
category
ケリ

幼鳥さんだらけ

梅雨明けはまだまだですね。

雨なので車でタマシギさんとカルガモさん親子を探しに行きました。
見つけれなかったのですが、今の時期は農耕地に幼鳥さんがあちこちにいますね。

まずはカワラヒワさんの幼鳥さんです。

カワラヒワ幼鳥
ノ-トリです 首を傾げてかわいい

カワラヒワ幼鳥2
同じ幼鳥さん ひまわりの花びらをつつきました

カワラヒワ幼鳥3
花びらを食べていましたよ

カワラヒワ幼鳥4
雨に濡れて羽がボソボソです

幼鳥2羽だけでした。もう親離れしたのでしょうか。
幼鳥は胸に縦の筋がありますね。
鳴き声は成鳥のようにコロコロと鈴を鳴らしたような声で、あどけない表情にピッタリでした。
関連記事
category
カワラヒワ

暑くなりました

7月になり、暑さが本番、いえいえ本番以上の本日でした。
冷房のきいた場所ら出ると、なんとも言えぬ暑さですね。

農耕地をタマシギさん探して回ってきました。
タマシギさんは見れなかったのですが、思った以上に警戒心の強いカワラヒワさんが近くで撮れました。

カワラヒワ3
イヌタデの実を食べています

カワラヒワ
白いので シロイヌタデ というそうです

腱鞘炎が一進一退、なかなか完治せず、写真も思うように撮れずです。
更新はもう少し、ゆっくりさせて下さい。
皆様のブログには訪問させて下さい。
関連記事
category
カワラヒワ