Entry Navigation

シギチもやってきました

ホウロクシギ に訂正します。
申し訳ございません。
本日、写真を確認しに行ったところダイシャクシギではなくホウロクシギとわかりました。
これからは、丁寧に判断致します。        2016年5月5日


4月も最終日です。
MFの夏鳥さん、トケンもやってきて春の渡り後半になっています。

4月24日、お天気があまりよくなかったので車で見れる農耕地に行きました。
昨年の冬、ナベヅルさんがやってきた干拓地は田植えが終わっている田も多くなりました。
嘴が大きく湾曲しているので、チュウシャクシギさんかな?と思い近寄ると ホイ~~ン と声をあげ飛びました。
珍しくダイシャクシギホウロクシギさんです。

ダイシャクシギ
嘴にほうり投げています

ダイシャクシギ
凄技です

ダイシャクシギ
喉を通るところ

ダイシャクシギ
お天気が悪くハッキリしませんが 見返り美人風です

自宅でグズグズしないで出掛けて良かった! 
でも、もう少し明るければ、と欲に切りが有りませんね。
スポンサーサイト
category
ホウロクシギ

今季は出会えて嬉しかった

オオルリさんを探してダム湖まで行った時です。
まさか山間の町のダム湖にノビタキさんが出てくるとは思いませんでした。

ノビタキ
ノビタキさんが飛んできたのですが わたしに驚き電線にとまりました

一級河川にあるダムなのですが、この川の20キロメ-トル下流ではノビタキさんを見ることがあります。
川にそって北上してくるのでしょうか。
人がいないと飛んできたらわたしがいたので驚いたのでしょうね。

帰宅がてら農耕地を見に行きました。
数年前に夏羽のノビタキさんに出会えたので期待していくと、1羽いました。

ノビタキ
近くに仲間がいないので警戒心が強く近くに来てくれません

秋の渡り時はよく見かけますが、春の渡りでは出会うことが珍しいノビタキさん。
秋は幼鳥も混じっていますが、春は冬を越したものだけ渡ってきますね。
そのうえ春は違うル-トで渡ってくるのでしょうか。
関連記事
category
ノビタキ

オオルリさん、来ていますね

夏鳥さん、やってきました。
MFではオオルリさんは休憩の立ち寄りだけです。
鳥見をはじめた年、MFでオオルリさんがパタパタしながら、垂れ下がった枝につかまる場面を見て感激したことを覚えています。

オオルリ3
目が出にくいですね

オオルリ
もう少し桜が咲いている時に出会いたかった

さえずりの声が素晴らしく綺麗です。
オオルリさんは雄が先に渡ってくるそうです。
巣の準備が整った頃に雌が渡ってくるそうですが、今朝MFで雌を1羽見ました。
繁殖地ではすでに営巣がはじまっている個体もいるのでしょうね。
関連記事
category
オオルリ

強面のシメさん

怒っているような表情ですね。
でも金茶の頭と翼の青がとても綺麗なシメさんです。

シメ
2月なので嘴は肌色です

シメ
散りかけの桜にとまったシメさん 嘴が鉛色に変わり始めています

MFのシメさん、6羽程越冬していましたが先週は林の中からキチッという声が1回聞こえただけでした。
そしてMFにオオルリさんが休憩にやってきました。
冬鳥さんと夏鳥さん達は1年に2度出会っているのですね。
category
シメ

桜とヒヨドリさん

先週は満開の桜、昨日の雨でかなり散ってしまいました。
MFの桜は背がたかくヒヨドリさん、メジロさんがいても遠い、高いで見ているだけです。
桜満開時はメジロさんは100羽以上、ヒヨドリさんは50羽以上、とてもにぎやかです。

ヒヨドリ
桜の蜜がとても美味しいのでしょう 顔が花粉だらけ

ヒヨドリ
暗い曇りの日だったので+1露出補正しましたが でも暗いですね

エナガ
エナガのお母さん 尾羽が曲がっているので抱卵休憩中ですね

桜の花と鳥さん、来年がんばります。
関連記事
category
ヒヨドリ

MFで久しぶりに見ました 嬉しいです

数年前はMFで越冬常連さんでしたが、その後見れない年もあり、MFでの出会いを諦めていました。
けれど、今年は3羽越冬しています。そのうち2羽は同じ場所にいるので、出会った個体がどちらだか不明です。

トラツグミ
朝は山の影になっている広場で 少し陽があたる場所に来ました

トラツグミ
ほとんど日陰でいますが 大きくてクリ-ム色なのでわかります

トラツグミ
斜面から顔を出した!

桜満開で桜と小鳥さんを探しに行きましたが、 さっぱりでした。
その代わりトラツグミさんが、丸見えの場所でトラダンスを30分見せてくれました。
愛嬌たっぷりで出会うと嬉しいトラツグミさんです。
category
トラツグミ