Entry Navigation

今年1番の珍鳥です

残業帰り、何となく休耕田を見に行くと鳥さんらしき姿、双眼鏡も持っていないし何だろう、明朝は早出しよう。と思っていると大先輩からアカエリヒレアシシギがいるよ。と電話がありました。
暗くてわからないのはアカエリヒレアシシギさん。

いつもより1時間早く起きて見に行きました。
アカエリヒレアシシギ
朝の光を浴びて水鏡になりました

アカエリヒレアシシギ
後ろ姿で残念

アカエリヒレアシシギ
足が見れることは少ないです

アカエリヒレアシシギ
羽繕い

アカエリヒレアシシギ
お水が浅い場所で立ち上がっています おしりが白くてフワフワなことを発見しました

秋の渡りでたまに立ち寄ってくれます。
足が弱いようで、歩く姿はなかなか見れません。この時も足が見れたのは1回10秒ほど。
お水に浮かんで、クルクル回る習性があります。

仕事帰りに行くと同じ場所にまだいてくれました。
夜は雨が本降りになり、翌朝もいると思っていましたが見れませんでした。
雨の中を旅立ったのか、違う場所で雨宿りをしているのか。
アカエリヒレアシシギの幼鳥さん、無事に渡りきってもらいたいです。
スポンサーサイト
category
アカエリヒレアシシギ

やっと出会いました

昨年の秋の渡りでアオアシシギさんは8月9日に来ていました。
今年はお盆になっても現れず、内陸のシギチはどうなるのだろう、と思っていました。
8月22日、あきらめ気分で巡回するとやっとアオアシシギさんに出会うことが出来ました。

アオアシシギ
見てホッとしました

アオアシシギ
お水に入り右に行ったり左に行ったり

同じ休耕田にはタカブシギさんが1羽いました。
このアオアシシギさんはタカブシギさんと一緒に来たようです。
昨年からアオアシシギさんだけで2羽以上の団体を見ていません。
タカブシギさんにも同様の事が言えます。
例年9月3週まではシギチが見れるので、諦めずに探してみるつもりです。
関連記事
category
アオアシシギ

たまには、こんなダイサギさん

お水の入った休耕田の前で、エンジンを切って鳥さんを見ているとすごく暑いです。
けどエンジンつけっぱなしは作業中の地主さんに申し訳ないし。
と汗をかいているとダイサギさんが大きいカエルをくわえて飛んできました。

ダイサギ
数回あっちにしたりこっちにしたり

ダイサギ
パックンと口にいれはじめました その気になるとスッと入ってあっけないです

ダイサギ
カエルさんはダイサギさんの喉のちょっと上を通過しています

たまにはこんな衝撃写真もいいかと思いましたが。
やっぱり。。。ですね。
関連記事
category
ダイサギ

まだまだ暑いですね

今年は20年ぶりの猛暑だそうで、本当に外に行く気が起きません。
例年なら内陸のシギチ探しなのですが、今年の秋はシギチが激減です。
見たのはクサシギさん、タカブシギさんだけです。例年必ず見れるアオアシシギさん、コアオアシシギさんを確認していません。
年々加速度をまして減少していきます。

そんなわけで高原に日帰りで行ってきました。
ウソさん、カヤクグリさん、メボソムシクイさん、ウグイスさん見ましたが撮れていません。ルリビタキさんは声のみです。

ホシガラスさん姿は見ますが、すぐに飛んで行ったり通り抜けたりです。

ホシガラス
遠いですね

名古屋からいらっしゃったご夫妻に教えてもらい一緒に撮影しました。
ホシガラスさんがすぐそばに、鳥運のあるご夫妻ですね。

ホシガラス
ノ-トリです ビックリするほど近いですね

シシウド
シシウドでしょうか

高原は寒いくらいで、帰り道下るに連れて日差しが強くなります。
自宅に戻れば汗だらけ。
もうしばらく暑さに注意ですね。

皆様もお体お大事にお過ごしください。
関連記事
category
ホシガラス

暑いですね

コチドリさんの繁殖が終わり、農耕地にお水が入ると多くのコチドリさんがやってきます。
小さいけど数羽いるとよく喧嘩をしていますね。

コチドリ
目の周りが黄色くのどの輪も黒い  まだまだ夏羽のコチドリさん

コチドリ
水浴びをしてジャンプでお水をきっています

コチドリ
ピョン!

コチドリ
セーフ!   (本当は着地した時です)

コチドリさんはお水に浸って涼しげですが、わたしはボカボカの蒸し蒸しでした。
関連記事
category
コチドリ