Entry Navigation

稲穂ノビタキさん、撮れました

是非是非、稲穂ノビタキさんが撮りたい、と毎回思うのですが稲穂より背の高い水田雑草にとまります。
また来年かな、と思いながらふと横を見ると稲穂が倒れています。この場所の立っている稲穂ならノビタキさんがとまりそう。待ってみようかな、と思い20分位待った頃に来てくれました。

ノビタキ
車外にレンズを出さないように

ノビタキ
上と同じ稲穂です 

やっと稲穂の上のノビタキさんを撮れました。
しつこく追いかけてもノビタキさんの渡りの邪魔になるのでグルっと回って帰宅しようと思いました。
この農耕地にはノビタキさんは6羽。

ノビタキ
やけに白っぽいノビタキさんがいました

毎年必ず秋に立ち寄ってくれるノビタキさん。
もうじき見れなくなります。春に夏羽で立ち寄ってくださ~~い。
関連記事
スポンサーサイト
category
ノビタキ

タマシギ親子を2家族見ただけです

今季、タマシギさんのカップルを見ることは出来ませんでした。
8月は秋の渡りのシギチも夏鳥のタマシギも少なく、9月になってから親子を2組確認しただけです。

諦め悪く巡回を続けていたら、やっと出会えたタマシギ親子です。
タマシギ
あせってピントがあまくなりました

タマシギ
お父さんが止まると雛達もとまります 後ろ姿の可愛い雛

タマシギ
翌日の同じ親子

タマシギ
父は出てきましたが後ろに戻りました 雛は隠れています

その週の週末は見に行けれず、上の写真が出会った最後になりました。
この場所なら無事育ったと思います。
関連記事
category
タマシギ

今年は出会いが少なかったタマシギさん

今年の夏はタマシギさんが少なく、農道で出会う鳥友さん達(タマシギさん大好き)とも出会わなかったです。
来年は盛り返して欲しいです。

タマシギ
白いアイラインがとても可愛い タマシギさんの大好きな顔です

タマシギ
この喉のふくらみ。。。さえずり中ですが雄が出てこなかった

タマシギ
ノビ~

タマシギ
気持ち良さそう

今年の雌のタマシギさん、この個体を含め2羽のみ見れました。
週末バーダーだからにしても、出会えた羽数が少なすぎるので来年が心配です。
関連記事
category
タマシギ

毎年きちんと来てくれるノビタキさん

毎年必ずキてくれるノビタキさん、MFではお米が出来た頃に見れるようになります。
お米ノビタキさんを撮りたのですが、お米より高くなった水田雑草(この草の名がわかりません)にとまってしまいます。

ノビタキ
仲間の3羽は飛んでしまったのに動かず至近距離で撮らせてくれました ノートリです

ノビタキ
トリミングしていますがこのノビタキさんとの距離も近い方です

台風が来る前にと思い、11日に見に行きました。
2羽+2羽+4羽のグループで合計8羽のノビタキさんがいました。
今日は台風による雨予報、ノビタキさんも無事に過ごしてくれるように、と思います。
関連記事
category
ノビタキ

田畑が乾いてきたので姿も少なくなりました

いつも巡回する農耕地でコサギさんが水浴びをしていました。
水浴びと言うより入浴のような水浴びでした。

コサギ
お水に長い間浸かっていたのですが首のかしげ方が独特です

コサギ
半水浴です

コサギ
目が釘付けになったコサギさんのポーズです しばらく同じ姿勢で体に顔をつけていました

コサギ
立ち上がって

コサギ
ブルブル!

撮りそこねたのですが、途中2度ほど羽を震わせただけでバシャバシャ!と勢い良く水浴びをしませんでした。
水を切った後の羽繕いも短めで、この個体だから?と思いました。
今年は田畑も乾き見る機会も少なくなりました。来年もコサギさんの水浴びを注意して見ようと思っています。
関連記事
category
コサギ

8月のオグロシギさん

8月に出会えたオグロシギさん、お昼前になると空がどんより。
太陽の位置も変わり斜逆光になりました。

オグロシギ
長い間お水に浸かっていました 

オグロシギ
バシャバシャも長かったです 長旅の汚れを洗っているのでしょうか

オグロシギ
立ち上がりかけて

オグロシギ
ジャンプで水を切っています 羽の裏が白い事を発見

オグロシギ
最後に軽く水切り

すでに越冬地の東南アジアについたでしょうか。
渡り鳥が世界規模で減少しているそうです。
今季の内陸のシギチは本当に少なく巡回しても空振り、危機感を感じました。
来年も日本を通過してほしいものです。
関連記事
category
オグロシギ