Entry Navigation

ツバメの幼鳥が群れていますね

ツバメの幼鳥さん、多い場所では200羽以上電線にとまっています。
枝にとまっている姿を見たこともありますが、とまるというより枝に乗っている感じがします。

ツバメ
こんな細い線にとまれるのですね

ツバメ
サーカスの綱渡りを思い出しました

ツバメ
バランスを崩しておっとっと

農耕地に行くとツバメの群れに会えますね。
ほとんど幼鳥で車にぶつからない様にとハラハラします。
関連記事
スポンサーサイト
category
ツバメ

暑いです!

梅雨明け、一気に暑くなりました。
暑いのがとても苦手で、苦手なくせに自分の部屋には空調がなく、パソコンすら開く気力がでません。Wi-Fi購入しなくては、、と思っています。

いつもの農耕地、コチドリさんが集まってきました。
コチドリ
畑の中にあるコンクリートの空き地で寝ていました

コチドリ
起きて伸び!

このあと3羽ともお水のある場所に飛んでいきました。

皆様、猛暑の中の鳥見、くれぐれもお体にお気をつけ下さい。
関連記事
category
コチドリ

3月の在庫から

6月から鳥見に費やす時間が少なくなりました。
来月はシギチも本格的に通過する時期なので、5月の様に鳥見時間が増えるようお願いして、在庫の写真を探しました。

鳥見の大先輩から教えてもらったヤドリギツグミさん。
道中遠かった!の一言なのですが、途中の風景は厳かで心に染みていました。

ヤドリギツグミ
胸の筋肉が逞しいのでしょうか   

ヤドリギツグミ
畑と同化してしまいます

ヤドリギツグミ
近くまで来てくれたヤドリギツグミさん

その後畑の迎えの木に飛び上がり休憩に入りました
畑で採食している様や枝にとまって休んでいる姿勢はやはりツグミさんに共通するところがあると思いました。
カメラマンの方が30人ほどいらっしゃいまして、関東の方からウタツグミさんの情報をもらいました。ネットで調べるとヤドリギツグミさんとウタツグミさん、よく似ているのですね。
世界には様々な鳥さんがいて、日本で出会える鳥さんとは縁があり感謝!と思いました。
category
ヤドリギツグミ

タウナギだと思うのですが

6月、いつもの農耕地で出会ったダイサギさん。
何か捕まえているのですが、タウナギでしょうか。
ダイサギ
嘴をグルっとまわってしまうタウナギ?

ダイサギ
番だと思います 1羽が捕まえても取り合いしません

ダイサギ
婚姻色のダイサギさん

いつもの農耕地、ダイサギさん、アオサギさんが増えてきました。
子連れでしょうね。
関連記事
category
ダイサギ