Entry Navigation

婚姻色のアマサギを探しましたが、遠かったです

鳥見に行っても鳥になかなか出会わない時期、いよいよやってきましたね。
この時期、MFではダイサギ・アオサギ・ゴイサギは見れますが渡りのアマサギ・チュウサギ、留鳥のコサギが見れません。繁殖場所が限られているのでしょうか。
アマサギ・チュウサギを見るのは繁殖が終わった頃になります。

アマサギ
高速に乗りアマサギさんを探していると車で近寄れない水田にいました 遠いです

アマサギ
偶然目の前に現れたアマサギさん 婚姻色でなかったのが残念

石垣島で見たアマサギさんは牛さんの背中に乗っていました。
牛さんは知らん顔です。
中国ではアマサギさんを『牛背鷺』というそうです。
関連記事
スポンサーサイト
category
アマサギ

残念。。コアジサシさん

昨日様子を見に行きましたが、せっかく孵化した2羽の雛とともに親鳥もいませんでした。
きっと雛が2羽とも残念だったんですね。
昨年もコロニーが水浸しになり、今年はその場所もなくなり、コアジサシさんが営巣場所に困っているようです。小さい単位で点在しているそうです。

17日様子を見に行って確認できた親子の写真です。
コアジサシ
2羽の雛が親鳥のお腹に隠れるところです

コアジサシ
お腹の中に隠れる前に雛がこちらを偶然向きました

コアジサシ雛
石になっている雛

何も残っていないし、農道を親鳥が飛ぶ姿も見なくなりました。
コロニーを見つけて移動していてほしいです。
関連記事
category
コアジサシ

先月のチュウシャクシギさん

6月も中旬、干潟に行ってもシギチはほとんど見れず今頃はシベリア方面で営巣中だと思います。
渡りの休憩中のチュウシャクシギさん、河口の海岸でも、水田でも見れますね。

チュウシャクシギ
河口の海岸でダメ元で座っていたらチュウシャクシギさんが比較的近くに舞い降りました

チュウシャクシギ
シャッターが遅くピントが甘いですが飛び出しが撮れました

チュウシャクシギ
5月下旬 干潟の後背で休んでいたチュウシャクシギさんの群れ

チュウシャクシギ
北に向けて出発しかけたのですが戻ってきてしまったチュウシャクシギさんの団体

また秋の渡りに寄ってもらいたいです。
関連記事
category
チュウシャクシギ

雌は巣材運び、雄はさえずり

シギチ探しを一息ついて野原を見るとヒバリさんのカップルがいます。
すると1羽はさかんに巣材を探しくわえて同じ場所に戻ります。
よく見ていると残された1羽はさえずっている。ってことは雄ですね。

ヒバリ(雌)
巣材をくわえると、同じ場所に戻るのでおそらくそこが巣なのでしょう

ヒバリ(雄)
お手伝いするかと思いきやさえずってばかりでした

同じ場所に行くので巣が見えるかと思いましたが、車の中から探してもわかりません。
丈の長い草の根本に作っているので簡単には見つけれません。
仕事が一段落ついたのか2羽でつかず離れず野原を歩いて移動していました。

ヒバリ
麦畑にむかってさえずっていました

空でなく草の上や地面でもさえずっていますね。
ホバリング体勢でさえずり続けるヒバリさん。どれだけ体力を消耗するのでしょうか。ちょっとラクしてさえずるヒバリさんを見るとホットしますね。

関連記事
category
ヒバリ

ウズラシギのディスプレイを見ました

春の渡りでシギチが入っていればいいなあ。と思いながら車で干拓地を移動していました。
諦めかけた時に、畦道に1羽休んでいる鳥さんを見つけました。
茶色の頭が夏羽できれいなウズラシギさんです。

しばらく見ていると雄が雌に求愛し始めました。雄は雌より一回りほど大きかったです。 
ウズラシギ
まさしく誘っている雰囲気

ウズラシギ
雄は羽を広げて雌の後ろをひたすらついていきます

ウズラシギ
雌は知らん顔で後ろを向きっぱなし

ウズラシギ
それでも雄は雌の後ろをついていく 尾羽は広げたまま

ウズラシギ
雌は相変わらず知らん顔で方向転換

ウズラシギ
成功かな?と思いきや足が4本とも地面についています

この後すぐ雌は雄の横を通り過ぎ、一緒に渡ってきたであろう雌のウズラシギの元に戻ります。
雄は何事もなかったように畦道に戻って休んだり採食し始めたり。
あの求愛行動はどこにいっちゃったの。ってくらい2羽は離れてしまいました。

今頃はシベリアで卵を抱いているでしょうか。
関連記事
category
ウズラシギ

考えさせられたコアジサシさん

コアジサシさんはコロニーで営巣だと思っていました。
昨年、コアジサシさんのコロニーに建物がたち営巣場所を失ってしまったのでしょうか。

農道で1組だけ営巣していました。
先週1本北の農道を通りかかった時コアジサシさんがフワっと飛び上がりました。しばらくすると畦道で2羽座っていました。まさか営巣とは思わなかったです。

コアジサシ
農道のわずかな砂利道で座っています

コアジサシ
ソロソロと前を通って∪ターンして来ても飛び上がりません

コアジサシの卵
そっと通り抜けようと思ったけど飛び上がってしまいました 卵が2個ありました

卵を見た時は驚きました。
先週座っていた場所でも抱卵していたのでしょう。きっと失敗したのでしょうね。1本南に来ています。いずれにしても車が通りリスクが高すぎます。
営巣場所に本当に困っているのでしょうか。
営巣場所を奪ってしまった人間としてやるせない気持ちになりました。
雛が無事に育ち巣立つことを祈るばかりです。
関連記事
category
コアジサシ