Entry Navigation

チュウシャクシギの幼鳥かな?

干潟が満潮だったため、近くの干拓地を見に行きました。
キジの鳴き声がよく聞こえます。
キジの10メーター左横にチュウシャクシギさんがこちらに気づいて麦畑の中にドンドン入っていきます。
チュウシャクシギ
道路脇の用水路の土手で 後ろは麦ですがまだ青い時です

チュウシャクシギ
嘴が短いような感じがするので幼鳥かと思いましたが。。

チュウシャクシギ
小雨が降り始めました 片足立ちで

近くで見ると思ったより小さい。図鑑で大きさを見るとL42。
ハシボソガラスはL50。
やはり図鑑で調べると納得できます。
関連記事
スポンサーサイト
category
チュウシャクシギ

お目当ての夏羽のミユビシギ

海岸は潮干狩りを楽しむ人で埋め尽くされていました。
干潮時間なのにシギチはどこに行くんでしょうか。
潮が満ちてきて人の気配がなくなった海岸でミユビシギさんが波打際を歩いています。

ミユビシギ
海岸で動かずにいると近くまで来てくれます

ミユビシギ
可愛いなあと思ってみているとミユビシギさんの姿勢が変わりました

ミユビシギ
嘴に砂をつけたまま伸びをしています

その後も波打際を採食しながら歩いていました。
お目当ての夏羽のミユビシギさんに会えて夕方6時まで待ったかいが有りました。

お詫び:最近多忙でなかなか皆様のブログに訪問が出来ません。
    折角来ていただいているのに更新もなかなか出来ていません。
    努力不足で申し訳ございません。
    出来るだけ訪問させていただきます。
    よろしくお願いいたします。
関連記事
category
ミユビシギ

かなり近寄らせてくれたキョウジョシギさん

シギチの渡りも終盤になりました。
青い海とシギチが見たくなり、お隣の県まで行くことにしました。
カメラを担いで海岸を歩くのは厳しいので、砂浜で携帯の椅子に座りボンヤリしていました。(動けないっていうのが実情です)
顔を左に向けるとキョウジョシギさんが岩に乗っています。

キョウジョシギ
大きくない岩なのですがキョウジョシギさんがのると大きく見えます

キョウジョシギ
じっとしていたわたしに気付かなかった様です 
シャッター音で気が付き驚いて飛んでいきました。悪いことをしてしまった。

キョウジョシギさんが20羽以上いたようで、波打ち際を歩いているとキョウジョシギさんの小さな群れが海の上を飛んで移動しています。
キョウジョシギ
波打際を行ったり来たり

近くで見たのも群れで見たのも初めてでした。
石をひっくり返したり、波打際の小さな岩に乗ってみたり、図鑑に紹介してある行動をするので感心していました。(図鑑通りのキョウジョシギさんと、ピッタリ説明する図鑑、両方にです)
関連記事
category
キョウジョシギ

外出先で営巣していたシジュウカラ

外出先の庭でシジュウカラさんがいたので、しばらく待ってみました。
15分待った頃、また現れました。
先ほど見た場所に近いところでとまっています。
スッと下に降りたと思ったら姿がありません。

シジュウカラ
虫をくわえたまま しばらくまわりの様子見

下に降りた時、姿が見えなくなったのは、庭においてある椅子の中に入ったからです。

シジュウカラ
雛に餌を与え巣穴(=椅子の穴)からまわりの様子を伺っています

椅子の穴は2つあり、わたしから見て裏から出入りすることもありました。
シジュウカラさんは真剣ですが、巣穴から顔を出してまわりを見渡す様子が可愛かったです。
関連記事
category
シジュウカラ

4月19日・ムクドリさんのデート

秋になるとムクドリさんが群れますね。
水が温みはじめると、いつの間にか番になって群れから抜けています。

ムクドリ
さて鳥見に出かけよう と玄関を出かけるとムクドリさんがいました

ムクドリ
スマートなムクドリさんが膨らみ始めたので様子を見ることに

ムクドリ
どんどん丸くなっていくと雌がお隣から飛んできました

ムクドリ
求愛です 雄の目が雌の様子を見ています

ムクドリ
雄はさらに激しく鳴いていました 雌が後ろ向きに

雌が後ろを向いたのは雄を受け入れる行動だったようです。
このあとすぐに目出度し!でした。
今頃は雛が生まれているかも知れないですね。
関連記事
category
ムクドリ

コサメビタキさんもキビタキさんの近所で営巣中

キビタキさんの好きな枝にコサメビタキさんもとまっていました。
鳥さんに好かれる樹木・枝って有りますね。
MF内で毎年姿を見れる場所はほぼ決まっています。その場所の中でも気に入られる樹木があります。
MFの例ですと、冬鳥のルリビタキさんが好きな場所とよくとまっている木=夏鳥のキビタキさんが好きな場所ととまっている木 となっています。
留鳥のエナガさんがとまる木=渡り途中のコサメビタキさんがとまる木もあります。

コサメビタキ
ちょっと暗いですね

コサメビタキ
上の写真のモミジと林道をはさんでおむかえの枝です

コサメビタキさん、ほとんど同じルートで巣を往復していました。
モミジの木を越してから左右に別れていました。
しばらく様子は見に行けれませんが、その方がコサメビタキさんやキビタキさんにとって好都合ですね。
関連記事
category
コサメビタキ

いよいよ5月、夏鳥さん勢揃いですね

お花も終わり新緑が清々しい季節になりました。
森に行くと夏鳥さん、とりわけキビタキさんのさえずりが賑やかで綺麗です。

キビタキ
明るく見えますがシャータースピードがあがりません

キビタキ
同じ個体です

同じ枝にとまるだろうと待ち伏せしていたら♪ブンブンブン♪と怒られました。
すみません。明日はもう行きません。
関連記事
category
キビタキ