Entry Navigation

今年もウズラシギに出会えました

春のシギチ、生活圏の田畑はまだお水がはられないので見ることが出来ません。
毎年、内陸のシギチを探しに干拓地まで出かけます。

今季2度目のウズラシギさんとの出会い、嬉しかったです。

ウズラシギ1
目を見ると、怒っているようです

ウズラシギ
水浴びは力いっぱい!

ウズラシギ
お水を切るため翼を広げるのですが、腕を伸ばして盆踊りのようです

ウズラシギ
これもお水切りですが、ストレッチに見えます

この後あぜ道の方に行くのですが、羽づくろいが足らないようで

ウズラシギ
再び羽を広げていました

まだいるだろう、と20分ほど離れましたが、戻った時は2羽ともいませんでした。
本当に短い出会いでした。
スポンサーサイト
category
ウズラシギ

昨年と同じ水田で会いました

干拓事業で今は農耕地ですが、その前は一面干潟で海苔の養殖をしていたそうです。
海も近く、シギチも来るのですが、肝心のシギチが減っていますね。

ウズラシギ
昨年と同じ水田にウズラシギさんが1羽でいました

ウズラシギ
喉や胸がすっかり夏羽です

ウズラシギ
ナメクジ?

ウズラシギ
ノ-トリです

シギチが少なくなったので、1羽でも出会えたので運が良かったと思いました。
見れれば嬉しいですが、もっと個体数が増えてほしいと思うばかりです。
category
ウズラシギ

ウズラシギのディスプレイを見ました

春の渡りでシギチが入っていればいいなあ。と思いながら車で干拓地を移動していました。
諦めかけた時に、畦道に1羽休んでいる鳥さんを見つけました。
茶色の頭が夏羽できれいなウズラシギさんです。

しばらく見ていると雄が雌に求愛し始めました。雄は雌より一回りほど大きかったです。 
ウズラシギ
まさしく誘っている雰囲気

ウズラシギ
雄は羽を広げて雌の後ろをひたすらついていきます

ウズラシギ
雌は知らん顔で後ろを向きっぱなし

ウズラシギ
それでも雄は雌の後ろをついていく 尾羽は広げたまま

ウズラシギ
雌は相変わらず知らん顔で方向転換

ウズラシギ
成功かな?と思いきや足が4本とも地面についています

この後すぐ雌は雄の横を通り過ぎ、一緒に渡ってきたであろう雌のウズラシギの元に戻ります。
雄は何事もなかったように畦道に戻って休んだり採食し始めたり。
あの求愛行動はどこにいっちゃったの。ってくらい2羽は離れてしまいました。

今頃はシベリアで卵を抱いているでしょうか。
category
ウズラシギ