Entry Navigation

鳴かないけど、メボソムシクイさん

ホシガラスを見てから、移動しました。
何か飛んでこないかな~と見ていると、メボソムシクイが同じ場所を行ったり来たり、営巣をするような気配です。

メボソムシクイ
鳴かないので他のムシクイかと思いましたが

メボソムシクイ
頭のてっぺんに線がない

メボソムシクイ
鳴かないけどメボソムシクイで良さそうです

ウソが2羽鳴きながら目の前を通過しました。
今度行くときは、目の前に止まってほしいなあ。と思っていると、雨がポツっと降ってきました。
本降りになる前に退散、とお昼で下山です。
帰り道、休憩するたび暑さが増して、お山にずっといたい。と思わずにいられませんでした。
スポンサーサイト
category
メボソムシクイ

涼しかったです

暑中お見舞い申し上げます。
暑さ厳しく、鳥見中に体調を崩されませんよう、お気をつけください。

鳥友さんからホシガラスの写真ハガキをいただき、わたしも刺激されました。
顔つきが可愛くて羽模様がきれいなのですが、声はカラスです。

ホシガラス
写真ではみえませんが松ぼっくりをとりに来ました

ホシガラス
枝から様子を伺っています

ホシガラス
目の前に来たのですが意外に早く移動してしまい1枚だけ

気温は20℃です。
たまには涼しい鳥見も良いですね。
関連記事
category
ホシガラス

巣立った日のチョウゲンボウ-2

先回の続きです。
3羽の巣立ち雛、夕方になると親鳥が道路向こうから鳴いて飛んで来ることを催促していました。
1羽目、2羽目はがんばって飛び出したのですが、残った3羽目が。

(長くなります)

チョウゲンボウ1
ええ~!? どうなるの

チョウゲンボウ2
それ!

チョウゲンボウ3
飛べない んん~~

チョウゲンボウ4
気をとりなおして

チョウゲンボウ5
それ!

チョウゲンボウ6
は!

チョウゲンボウ7
よ! って反対に行っちゃって

チョウゲンボウ8
なんだかUタ-ンした

チョウゲンボウ9
Uタ-ンして見えないと思ったら電柱に不時着

この時は親鳥が電柱の天辺にきて様子を見ていました。
親鳥もハラハラしているのでしょう。
巣立ち雛は電線から屋根に戻り、再び電柱に不時着しました。

チョウゲンボウ10
電柱からやっと飛び出しました

翌日は上手に飛んでいたそうです。
滅多に見られない飛び出しの練習、教えてくれた大先輩に感謝の気持ちです。

関連記事
category
チョウゲンボウ

巣立った日のチョウゲンボウ

鳥見大先輩に教えてもらい、見に行ったチョウゲンボウ。
朝方巣立ったそうです。

チョウゲンボウ
フェンスにとまったり降りたり 遊びながら慣れていくようです

チョウゲンボウの幼鳥は建物の後ろに隠れてしまい、午前中は引き上げました。
夕方、時間ができたので再び見に行きました。

チョウゲンボウ
朝に巣立った幼鳥3羽が屋根の上を行ったり来たり

しばらくすると親鳥がはげしく鳴き始めました。
そろそろ飛びなさい。と幼鳥達に催促し始めたようです。
上の写真で真ん中の翼を広げた幼鳥は、バサバサと翼を羽ばたかせはじめます。
むかって右の兄弟は成り行きを見ています。

チョウゲンボウ
あっさり飛び出しました 兄弟が2羽とも見ています

チョウゲンボウ
あれ、飛んじゃったよ~ と向かって右の兄弟が言っているようです

着地先は道路を超えた向こうの鉄塔。
1回で親鳥の要求をクリアーです。

チョウゲンボウ
右の兄弟も刺激を受けすんなり飛び出しました。

着地地点は電線でしたが、道路は越しました。

まず、2羽は今日の課題を終了しました。
続きは次回です。
関連記事
category
チョウゲンボウ

幼鳥を連れています

キビタキと出会った場所は、MFの中で鳥達が行き交う場所です。
エゴノキが多く、ヤマガラの声もよく聞こえます。

ヤマガラ
枝をくわえているようですがシャクトリムシじゃないでしょうか

ヤマガラ
1枚目写真のヤマガラの幼鳥です

ヤマガラ
同じ幼鳥です

エゴノキ
ヤマガラ親子のそばにはエゴノキ 8月になると実を取りに来ます

コウゾ
コウゾの赤い実 食べられますが口の中に短い毛がいっぱい残ります

7月に入り急激に暑くなりました。
お体に気をつけてお過ごしください。

関連記事
category
ヤマガラ

嬉しかった

MFのひとつ、高原公園でサンコウチョウの声は近くに聞こえるけど、姿が見れません。
見たい、見たい、と思っていたらキビタキが代わりに現れました。

キビタキ
6月中旬 まだ養育中だったのかな?

キビタキは林の奥に行ってしまいました。
6月中旬、まだ営巣中だったのでしょう。

ムラサキシキブ
ムラサキシキブの花

秋になればムラサキシキブが美しい紫の丸い実をつけます。
その頃、小鳥が食べている姿を写真に撮れるように、ムラサキシキブにお願いしました。
関連記事
category
キビタキ

早朝に行ってみました

いつも8時~9時頃しか行かないフィ-ルドに、今回は早朝6時過ぎに着くよう出かけました。

暑くなると流れている川で子供たちが水遊びに来ます。
やはり早朝なので川遊びの家族は見ず、お散歩の方がいるだけです。

川を見ると、小鳥さんがお水に入っていました。水浴びです。

オオルリ
プルプルプル~~

オオルリ
パチャパチャパチャ~

オオルリ
すっきりオオルリの幼鳥さん(雌だと思います)

この後、川の横の木に移り、飛び去っていきました。
以前このフィールドで、カモシカが川に降りているところを見たことがあります。
数日前にイタチが川筋を小走りしていました。

イタチ
わたしの様子を見に来ました 写真を撮っているとクルッと後ろを向いて去っていきました

テイカカズラ
林道はテイカカズラの白い花が香っています

オオルリは川沿いの斜面で営巣する番もいるのですが、イタチがいるということは失敗している可能性があると思いました。
毎年、オオルリは数組が営巣するのですが、幼鳥を見る機会は少ないです。
関連記事
category
オオルリ

営巣しました

2週間前、ブチブチ模様の幼鳥をつれたコサメビタキを見ました。
地味な羽だけど、目がクリックリでとても可愛い小鳥さん。

川筋を歩いていると ツ・ツ とコサメビタキの声が聞こえます。

コサメビタキ
2週間もたつと高い場所ばかりで動きっぱなし

コサメビタキ
顔がやんちゃな幼鳥 親鳥はあちらこちらに行くのですがこの子はジッとしていました


コサメビタキが営巣した近くにツルアリドオシが白い双子の花を咲かせていました。

ツルアリドオシ
一両ありどおし

ツルアリドオシ
赤い実をつけたツルアリドオシ

千両万両ありどおし
一両と言われるアリドオシ(ツルアリドオシでもOKです)ですが、千両や万両が有り通し。
という意味です。
関連記事
category
コサメビタキ

今年は成功して欲しい

昨年からはじまったコアジサシのコロニ-。
昨年は大雨で繁殖が成功しなかったのですが、今年は是非成功して欲しいものです。

コアジサシ
奥さんに一目散かと思いきや探している様子です

コアジサシ
ほとんど抱卵中なのですが雛が1羽だけ出てきました

コアジサシ
飛翔をがんばってみました

コアジサシ
画像の下に写っていたので思いっきりトリミングです

数年前からコロニ-の場所が定まらず、今季は2年目の場所です。
愛知県でも日本でも絶滅危惧種です。
関連記事
category
コアジサシ

姿をはじめてみました

さえずりは聞いていたのですが、7年目で姿をはじめてみました。

コルリ
そっと現れました

コルリ
この後静かに退散していきました

思っていたとおりの美しい鳥で、その日は終日感動です。
また出会いたいものです。


関連記事
category
コルリ