FC2ブログ
Entry Navigation

秋の渡りが始まりました

毎年、飛来する種類も数も激減している内陸のシギチ。
10日と今日、見に行きましたが大好きなアオアシシギすらいなくてガックリ。
タシギは3羽いましたが、エンジンをきって写真を撮る気が出ませんでした。

2016年9月に撮れたタシギさんです。

タシギ
今は稲穂が出ていませんが、半月もすると出てくるのですね

タシギ
お水が涼し気です

コンクリ-トの照り返しを受けて、車の温度計は41度。
『帰宅する!』と頭の中で声がしました。
関連記事
スポンサーサイト
category
タシギ

最高気温が38度弱

暑中お見舞申し上げます。

肌寒い梅雨があけたと思ったら猛暑到来。
母と昔は33度になるとフウフウ言っていたのに、今ではラクラクの気温になったね。と話していました。
○0年も昔の話ですが、日本の気候は明らかに変わりました。

せっかく訪問していただいたのに写真が同じも申し訳なく、4月のシジュウカラさんです。

シジュウカラ
写真をクリックしていただくと大きくなります。
シジュウカラさんの頭に白い蜘蛛の糸のようなものがついていました。

シジュウカラ
尾羽根が曲がって無いように見えますが、上と同じシジュウカラさんです

シジュウカラ
この木に小さい虫がいるようで、枝を移って採食していました

シギチの渡りも始まっているのに、炎天下でエンジンを切った車内で見ているのは流石につらい。
明日はどうするか。。。
この猛暑の中、皆様お体にお気をつけください。
関連記事
category
シジュウカラ

またまたクロツグミさんです

6月に訪れたクロツグミさん。
7月の様子を見に行きました。

6月程さえずりは聞こえませんが、まだまだ頑張っているクロツグミさんもいます。

クロツグミ
さえずったあとに、離れた場所のクロツグミさんのさえずりを聞いてまたさえずります

クロツグミ
切り株は大好きなようです

クロツグミ
争ってとまった場所がメチャクチャ近い

そっとカメラを向けました。
わたしはドキドキなのですが、クロツグミさんも少し気にしていた様子です。

クロツグミ
このクロツグミさんも近くて驚きました

地元のお散歩方が「今日は静かだよ」と教えてくれました。
いつまでさえずっているのか、8月も見に行こうと思っています。
関連記事
category
クロツグミ

すごく可愛いコサメビタキ幼鳥さん

とても可愛くてメロメロになりました。
コサメビタキの幼鳥さん。
丸くて白い子が枝にのったり地面に降りたりしているので、そろそろと近づきました。

コサメビタキ
やっぱり幼鳥さんは警戒心がありません

コサメビタキ
キョロキョロと見回すのですが動かず

コサメビタキ
可愛すぎてたまりません

こんなに無防備で大丈夫かしら、と心配になります。
しばらくすると親鳥らしきコサメビタキさんが後ろの枝にやってきました。
でも成鳥は警戒心が強く、枝がかぶる場所にいます。
そして幼鳥さんを連れて移動していきました。
関連記事
category
コサメビタキ

久しぶりのキビタキさん

コサメビタキさんが来た場所にキビタキさんも来ました。
MFではさえずりを聞くだけで姿を見せないキビタキさん。
この遠征地では目の前に、しかし近すぎて離れた場所ばかり探していたアホなわたしです。

キビタキ
この1枚だけがなんとか見られる写真です

林の中ではシジュウカラさん家族が幼鳥をつれて大賑わいです。
大賑わいなのになんとか見られたのはこの1枚です。

シジュウカラ幼鳥
幼鳥さんは短いネクタイでデビュ-です

コゲラ
コゲラさんもトコトコ登っていました

帰り道、車窓から見れたのはオナガさん。
愛知県在住の鳥友とわたしは大騒ぎで帰路につきました。
関連記事
category
キビタキ

コサメビタキさん、親子

本日は鳥友さんとちょっと遠征。
現地到着時、雨でどうなるかと思いきや、だんだん晴れてよかったです。

親子の写真を撮れましたが、親の方はボケてしまいました。残念。
雨上がり、幼鳥も親も地面に降りたり枝に乗ったり。

コサメビタキ幼鳥
斑点はなくなっています

幼鳥さん、お顔がちょっと黒いのですがお目々はクリクリでやっぱり可愛いです。
遊歩道を3歩くらい歩くと今度は成鳥のコサメビタキさん。

コサメビタキ
やっぱりお目々がクリクリで可愛い

雨がやみそうな時から親子で離れず半径30メ-タ-程を上に行ったり横に行ったり回っていました。
雨上がり、午後からは2メ-タ-程離れて自由行動。
親離れもあと少しなのでしょうか。
関連記事
category
コサメビタキ

6月のカンムリカイツブリ

ニュ-スになったカンムリカイツブリさんの親子です。
ニュ-スの写真で3羽のヒナさんを乗せていましたが、わたしが見たときは2羽は背中に1羽は自分で泳いでいました。
ちょっと遠かったのでトリミングしています。

カンムリカイツブリ
一番大きいヒナさんのポ-ズが元気いっぱい

カンムリカイツブリ
しましま模様のヒナさんの頭が3つ見えます

カンムリカイツブリ
家族写真です (左の親鳥に大きいヒナさんが食べ物をもらい、右の親鳥は2羽おんぶしています)

目の前に2羽のカンムリカイツブリさん。
多分番です。

カンムリカイツブリ
左のカンムリカイツブリさんは動かず、右のカンムリカイツブリさんがそばに来るのを待っています

カンムリカイツブリ
横に並んで湖に出ていきました

これから営巣するのでしょうか。

午後3時頃片付けましたが、午前中はいなかった場所に2つの番が営巣し始めていました。
地元の方が教えてくれましたが、お水の流れが少なく巣は流されそうにないのですが、やはり流されてしまうそうです。
しかし、簡単に巣をつくるそうで、この日の帰り際に見た2つの巣はそういうことだったのでしょうか。
関連記事
category
カンムリカイツブリ

可愛かったカンムリカイツブリのヒナ

カンムリカイツブリの雛鳥が生まれたネットニュ-スを見て滋賀県まで行ってきました。
到着すると滋賀県以外の方が多く、知り合いもいて愛知県のような錯覚がおきます。

カンムリカイツブリ
背中にのってとっても可愛いヒナさん

生まれて2週間ほどは親鳥がおんぶしているそうです。
しかし、バランスが崩れると背中からヒナさんが落ちてしまいます。

カンムリカイツブリ
あ! 落ちました!

カンムリカイツブリ
背中に戻りたい~! ヒナさんは一生懸命ですが、親鳥は至って冷静

ヒナさんと言ってもさすが水鳥。泳げるのですね。
親鳥に近づいておんぶ~!

カンムリカイツブリ
ウンショ、ウンショ、乗せて~~

見ているとヒナさんがまだ小さいせいか、親鳥の横からは乗れません。
少しもがいてだめだと思うのでしょう。
今度はおしりから頑張って乗ります。

カンムリカイツブリ
パタパタと時間をかけてよじ登り、乗ることが出来ます

たくさん写真が撮れました。
今週末も雨模様、次回もカンムリカイツブリさんでお付き合いお願いいたします。

関連記事
category
カンムリカイツブリ

ネタ切れのため、在庫のケリひなさん

2週続きで写真が撮れず、在庫のケリのひなさんです。

ケリひな
水際で虫を探し出したケリのひなさん こんなに早くから自分でさがすとは関心です

ケリひな
正面の姿もまるフワでとても可愛い

ところが、せっかく捕まえた虫をわざと落としました。

ケリひな
落とした場所をじっと見つめています

ケリひな
また捕まえて今度は食べていました

遊びながら覚えているのですね。
親鳥は目の届く場所で、ひなの行動を見守っていました。
関連記事
category
ケリ

行き道はいなかったのに帰り道で出会ったコゲラさん

5月中旬、日が沈みかけた林道で出会ったコゲラのひなさん。

一本道の林道の行きはいなかったけど、帰りに賑やかな声がするので探すとコゲラのひなさん。

コゲラひな
落ちそうで落ちない 

こげらひな
不安定で絶えずユラユラ

コゲラひな
一生懸命枝につかまっています でもユラユラは止まらない

コゲラひな
鳴きながら翼をパタパタしています そんな事して大丈夫なんだねぇ

コゲラひな
正面を向きましたがやっぱりユラユラ

親鳥がきてご飯を食べさせるのですが、このコゲラのひなさん、巣立ったのか巣立ち目前で落ちたのかわかりません。
夕暮れ時で目を離すとどこにいるかわからなくなりました。
車の中からとはいえ、暗くなりかけの林道は誰もいなくて怖いですね。
関連記事
category
コゲラ