Entry Navigation

今年もウズラシギに出会えました

春のシギチ、生活圏の田畑はまだお水がはられないので見ることが出来ません。
毎年、内陸のシギチを探しに干拓地まで出かけます。

今季2度目のウズラシギさんとの出会い、嬉しかったです。

ウズラシギ1
目を見ると、怒っているようです

ウズラシギ
水浴びは力いっぱい!

ウズラシギ
お水を切るため翼を広げるのですが、腕を伸ばして盆踊りのようです

ウズラシギ
これもお水切りですが、ストレッチに見えます

この後あぜ道の方に行くのですが、羽づくろいが足らないようで

ウズラシギ
再び羽を広げていました

まだいるだろう、と20分ほど離れましたが、戻った時は2羽ともいませんでした。
本当に短い出会いでした。
関連記事
スポンサーサイト
category
ウズラシギ

今季も干拓地で出会えました

干拓地に内陸のシギチを探しに行きました。
干潟では蟹をめぐって喧嘩っ早いチュウシャクシギ、干拓地で喧嘩を見たことがなく、喧嘩をするほど獲物がないのかもしれません。

この日は6羽集まっていました。

チュウシャクシギ
警戒心が強く車内で待っていてもなかなか近づいてくれません

チュウシャクシギ
写真ではチュウシャクシギが2羽ですが 少し前までハシボソガラス、ヒバリ、ツバメがいて賑やかでした

チュウシャクシギ
翼の模様が粋です

うっかり見逃した鳥さん(ツバメチドリです)がいたそうでガックリ、粗忽者です。
根気よく回るしか無い、と思い直していますが、当分落ち込んでいました。
関連記事
category
チュウシャクシギ

ゴカイの取り合いです

シギチの渡りもピ-クの様です。
ゴ-ルデンウィ-クの4月30日に名古屋市の庄内川河口に行ってきました。
干潮時間になってもシギチがほとんど現れず、向こう側の新川に行ってしまうようです。
諦めかけた時、オオソリハシシギが飛んできました!

オオソリハシシギ
2羽が同時にゴカイを見つけたところです

写真は撮れなかったのですが、はじめは右側の個体(多分メスだと思います)がゴカイをくわえました。
が、すぐに左側の夏羽の個体が持っていきました。

オオソリハシシギ
走って逃げる、追いかける、ゴカイがななめに揺れています

オオソリハシシギ
スピ-ドが落ちません 待て~~! やだよ~

オオソリハシシギ
歩幅が狭くなりゴカイはまっすぐ下にたれました

オオソリハシシギ
右側の個体の足元の波紋がありません

オオソリハシシギ
追いかけるのを止めてしまいゴカイは夏羽くんのものになりました

もっと近くで見たい憧れのオオソリハシシギですが、こんな内輪もめが見られて良かったです。
category
オオソリハシシギ

渓流沿いで繁殖しそうです

キセイキレイが繁殖する渓流。
今年は4月から番が渓流を飛び回っていました。

キセキレイ
夏羽になったオス

キセキレイ
動き回ってピントが合いません

キセキレイ
メスはじっと羽繕い

翌週、キセイキレイの番がいた場所からカワヅカジカガエルの鳴き声が聞こえました。
鳴き声はすれど姿が見えず、よ~~く探して発見しました。

カジカガエル
ゲロゲロとは鳴きません

よちよちと石を移動しました。

カジカガエル
丸い石の上に乗っている、と教えてもらいました  まったくその通りです

日本で一番美しい鳴き声のカエルです。
関連記事
category
キセキレイ

ヤマドリ、近くに来るので驚きです

ヤマドリ出現の噂を聞いていましたが、運悪く2回は空振り。
3回目に大先輩に出会い教えてもらって見ることが出来ました。

すぐそばでも平気、と聞いていましたが事実でした。

ヤマドリ
ノ-トリです  近すぎでピントが合わなかったこともあります

ヤマドリが行くところ、人がついて行きます。
わたしなんか存在を無視されて頭の上を飛んでいきました。

ヤマドリ
飛び降りたところを追ってみました  ちょっと流し撮り風です

ヤマドリ
長い尾の先が切れてしまいました

ヤマドリ
これも尾の先が切れています まだまだ修行が足りません

ホロウチも見ることが出来ました。
驚くほど早く歩くこともわかりました。
大先輩に教えていただき感謝です。とても楽しかったです!




category
ヤマドリ

オオルリが目の前に降りてきました

朝は冷えるのに、お昼になると暑くて初夏のようです。
春の渡りって、こんなに暑かったかな?と明日の鳥見をイメ-ジして感じました。

14日、オオルリが来ているだろうと出かけましたが、高い場所でさえずっていました。
また今季も低い場所で見れない、とあきらめ帰りかけた時です。

オオルリ
目の前に降りてきたオオルリです  お腹がフワッフワ

オオルリ
ピントパッチリではありませんが飛び出しました

オオルリ
低い場所で感謝・感激です

15日も行きましたが、高い場所ばかりです。
14日に渡ってきたばかりだったかもしれません。
たまには良いこともありますね。
関連記事
category
オオルリ

ツグミがいるのもあと少し

先週、夏鳥探しに行きましたが会えず。
帰り道に静かなフィ-ルドに寄りました。

ツグミ
スミレとタンポポの中でたたずんでいます

ツグミ
旅立ちを感じているのかな

ツグミ
歩く時は背を低くしてサササ~と早足です

春になるとツグミ達が集まる広場があります。
多くなると10羽以上数日見かけますが、ある日嘘のようにいなくなります。
群れで渡ってきて、群れで渡っていくようです。


同日出会ったノビタキです。
ノビタキ
春のノビタキが入る農耕地、寒の戻りで丸くなっています

寒暖差が大きいです。
先週はこの後にバテました。
まだまだ寒いときもあり、お体にお気をつけ下さい。
関連記事
category
ツグミ

桜コゲラ

ニュウナイスズメ達が降りてこないか待っていると、ギイ~という声がしました。
虫が多いのでしょうか。
コゲラが2羽やって来ました。

コゲラ
桜の幹をクルクル回っているのですが待っている良い場所に出てきません

1羽は高い場所ばかりで出てこず飛んでいってしまいました。

コゲラ
じっとしておらず端っこですが撮りました

昨年撮った桜コゲラです。
桜満開でコゲラさんが目立ちません。

コゲラ
1枚撮ると奥に行ってしまいました

『桜と鳥』、また来季の課題に残りました。
関連記事
category
コゲラ

桜満開です

今年の桜は一気に満開になりました。
昨年から課題にしている 『桜と鳥』 。来週は散りはじめそう、急がないと。

ニュウナイスズメ
どこにいるのか探していると女の子が出てくれて場所が確定できました

ニュウナイスズメ
トリミングしています

ニュウナイスズメ
男の子は高い場所で隠れがち 出てくるまで我慢です

ニュウナイスズメ
何故か女の子は低い場所に来てくれます

数年ぶりに出会ったニュウナイスズメです。
いつも見ているスズメ達は、桜の枝を上下に行ったり来たり、地面に降りたり電線に移ったり、飛び回っていましたが、ニュウナイスズメ達は1本の木の中で派手に動かず、高い場所で過ごしていました。
category
ニュウナイスズメ

教えていただき撮れました

ヒレンジャク情報をいただき、どうもありがとうございます。
いつもお世話になっております。

今季はヒレンジャク、キレンジャク共によく見ることが出来ました。
3年ぶりであちこち行ってみました。

枝のブランコか、腹巻きか。
ヒレンジャク
木の名前がわかりませんが、咲いているお花を食べていました

ヒレンジャク
やっとヒレンジャクらしい緋色が見えました

ヒレンジャク
気温は暑いくらいなのに冬場のマルマルの体です

ヒレンジャク
飛び出したのですが 枝がかぶって残念

今週は桜が咲きますね。
レンジャク達が週末までいてくれれば良いと思っていますが、鳥達には鳥達の事情があるので旅立ちの無事を祈ってお別れしました。
category
ヒレンジャク