FC2ブログ
Entry Navigation

アカツクシガモさん-その3・今回で最後にいたします

3回目のアカツクシガモさんです。

アカツクシガモ
右の休耕田を見ています。

アカツクシガモ
飛び上がって移動しました。 囲いがあるので歩いて行けれないからですね。

カワセミ
チ-ッと聞こえカワセミさんが飛んできました。すごくトリミングしています。 

アカツ5
採食するときの姿勢です。水たまりの真ん中より縁の方を探していました。

アカツクシガモ
後ろ向きですが、最後に緑の翼鏡をしっかり見ることが出来ました。

車内で見ていると近くまで寄ってきてくれました。
姿は美しいのですが、声は低く太い感じでその差がすごく面白かったです。

3回もアカツクシガモさんばかり見ていただき誠にありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



category
アカツクシガモ

アカツクシガモさん-その2

先回のあぜ道でお水を飲んでいるところからの続きです。
羽をのばしたりすると急に飛び出しました。

アカツクシガモ
どこまで飛んでいくのかな?

アカツクシガモ
全然高く上がっていきません

アカツクシガモ
飛んでいくアカツクシガモさんについていかなくては

アカツクシガモ
風景が変わりましたが、お隣の休耕田に行っただけでした

上の写真をクリックして拡大していただくと、次列風切羽がビリジアングリ-ンより少し暗めの緑だとわかります。
次列風切羽の緑が出るように撮りたかったのですが、思うようになりませんでした。

アカツクシガモ
まるまるっとした卵型の体で上を見る仕草が可愛いです

わたしは3回見に行きましたが、3回ともこの2枚の休耕田にいました。
二十日間ほどの滞在でしたが、たくさん食べ物があったのでしょう。

今回もアカツクシガモさんを見ていただきまして、誠にありがとうございます。
次回もアカツクシガモさんです。よろしくお願いいたします。
関連記事
category
アカツクシガモ

県内にやってきたアカツクシガモ

愛知県内にやってきたアカツクシガモさん。
鹿児島県出水で偶然見てから6年ぶりに再度見ることが出来ました。

アカツクシガモ
首輪が見えるので雄さんの夏羽です

アカツクシガモ
水鳥さんなので泳ぎます

アカツクシガモ
あぜ道で首を出していれば鮮やかな赤茶色でわかるのですが、首を低くしているとわかりません

アカツクシガモ
休憩が終わりブルブル

アカツクシガモ
お水を飲んでいます

半月以上いたそうで、見に行くと同じ休耕田で採食していました。(たまにお出かけしたそうです)
たくさん撮りました。
次回もアカツクシガモさんを御覧ください。
関連記事
category
アカツクシガモ

アカハラさんですか?

新型コロナウィルス、緊急事態宣言解除になった県が多いですね。
少し気持ちが落ち着きましたが、全く無防備にもなれません。
長くなることを想定しなくては。

4月下旬、自宅近くの低いお山で早朝出会いました。

アカハラ?マミチャ?
お腹の雰囲気はマミチャジナイの雌さん、でも眉斑がチョンとあるだけ

アカハラさん?マミチャジナイさん?

アカハラ?マミチャ?
正面から見ても喉のあたりまでマミチャジナイの雌さん。でも眉斑が明瞭

アカハラ雌
この鳥さんはアカハラの雌さん (鳥友さん2名と意見は一致)

この2羽、付かず離れず同じ場所にいたのですが、アクシデントで近寄りすぎました。
お互い数秒かたまり、数回飛び跳ねて喧嘩していました。
写真はブレッブレでどうにもなりませんでした。

アカハラ?マミチャ?
あ! と出会ってしまった右はアカハラの雌さん、左のあなたは誰ですか?

鳥友さん、2名も?回答でした。
今だにわかりません。
関連記事
category
未分類

春の渡りのアカハラさん

今季MFで越冬個体がいなかったアカハラさん。
渡りで姿を見れました。

アカハラ
4月26日早朝のアカハラさん

アカハラ
4月28日早朝 26日と同じ個体だろうか?

アカハラ

アカハラ
4月26日のアカハラさんと同じ場所に来ました

大型連休最後の土曜・日曜になりますが、今季はコロナウィルスで心のどこかで素直に楽しめません。
気にせず鳥見を楽しめる時がはやく戻りますように。
関連記事
category
アカハラ

オオルリさんも来てくれました

オオルリさんは春の渡りは早いほうですね。
美しい声と姿、やっぱり見たい撮りたいです。

オオルリ
お腹が白いので止まっているとわかります

オオルリ
良い場所に来てくれました

オオルリ
抜けた場所なのに後ろ姿だけでガックリです

オオルリ
頭上のノ-トリです

オオルリがさえずっている!来てくれればよいのに、と願いながら座って待ちます。
根気がいりますね。
関連記事
category
オオルリ

早朝、地元で

早朝、人が少ない時に鳥見をしています。
ですが、寒い!
10時過ぎると気温も高くなります。
今日は一気に夏日であわててすだれをつけました。

キビタキ
自分は座って動かないので、どうしても鳥さんが高い位置になります

キビタキ
この時は今季で一番良いところに出てくれました

キビタキ雌
今朝、今季はじめて雌のキビタキさんを見つけました  暗い場所なので明るく補正しました

キビタキ雌
雌は目立たないけど、みつけると嬉しい

雄がさえずりはじめると、雌はその方向に顔を向けて様子を伺っていました。
気に入ったのかな?さえずりの方向に飛んでいきました。
関連記事
category
キビタキ

まだまだ冬鳥さんがいます

早朝、鳥さんを見に行きました。
夏鳥さんのさえずりはすっごく聞こえます。
オオルリさん・キビタキさん・コマドリさん・クロツグミさん・アカハラさん。
でも写真が撮れません。バ-ドリスニングに徹しなければ。

夕方、人気がなくなった公園に行きました。
例年なら夕方に人はほとんどいませんが、今季は家族連れなど数人来ていました。
ツグミさんが5羽、人の動きを見て木の枝に飛び乗ったり地面に降りたり。
だんだん集合し始めていますね。

ツグミ
北帰前のツグミさん

ツグミ
スミレの中に入ってくれました

ツグミ
お花の中は食べるものは無さそう 通過しただけです

新型コロナウィルス。
目に見えない脅威。心のどこかで恐怖心があります。
関連記事
category
ツグミ

越冬地なのでヒヨドリさんがたくさん

自宅近くの低いお山はヒヨドリさんの越冬地です。
スルッと歩くだけでも30羽以上確認できます。

お山の椿・梅・桜。メジロさんと奪い合いです。
だからと言ってむやみに人の近くに来ません。人が近づけない高い場所にいます。

ヒヨドリ
このヒヨドリさんは違っていた。歩道横の人の往来が多い桜でくちばしを黄色に染めて蜜を楽しんでいた。

ヒヨドリ
体を反らせて、桜に青空、日差しもあったか

ヒヨドリ
無理なポ-ズ

枝の下側についた下向きのお花の蜜は、メジロさんなら軽々だけどヒヨドリさんは体が重いのでしょう。
羽ばたきながら落ちないように体を支えていました。

ヒヨドリ
もっと上にお花があるのに。どうしても下向きのお花が良かったのかな?

桜と鳥を。と出かけると必ずヒヨドリさんにも出会いますね。
またか!と思いながらシャッタ-をきるのでした。
関連記事
category
ヒヨドリ

夕方人がいなくなって出てきました

夕方4時頃、人気のなくなったフィ-ルドから帰宅しようと車を動かした時、進路先から出てきました。
チョットコイ、の声はよく聞きますが警戒心が強くなかなか見られません。

コジュケイ3
食べていたのはタンポポではありませんでした 何だか不明です

コジュケイ4
食べ終わると急に首を伸ばし注意しています

コジュケイ
2羽いたのですが付かず離れず

コジュケイ2
道を横切る時は2羽一緒

翌週も同じ時間帯に2羽出てきました。
今度も同じ時間帯に出るのでしょうか。楽しみです。
category
コジュケイ