Entry Navigation

酷暑です

昨日の夕方、買い物に行こうと車に乗り込むと、なんと! 40℃の表示になっていました。
子供の頃の昭和時代に比べるとなんと気温が上がったことか。

鳥運のないわたしは、お目当ての鳥さんにふられ、教えてもらったアオバトの海岸に行きました。
11時半ころから見ましたが、日陰のない海岸。
車のトランクのドアを上げて日陰を作るも、思わず「暑い~~」と言ってしまいます。
(でも愛知県の暑さに比べるとまだまだ涼しいものです)

アオバト
海が青くて涼やか! 

アオバト
やっぱり涼やか! 

アオバト
アオバトさんたちが飛んでいるときは暑さを忘れています

アオバト
本当は、  暑いです

海に面している山からアオバトさんたちが飛んできます。
海水を飲むと山に戻り、さえずりも聞こえてきます。
地元のバ-ダ-さんに親切に案内までしていただき見られました。
どうもありがとうございました。

皆様、酷暑厳しく熱中症にお気をつけください。
関連記事
スポンサーサイト
category
アオバト

鳥見が厳しい、猛暑です

7月第二週目ですでに猛暑日、そのうえ熱帯夜続きです。
今週末は三連休。ですが、猛暑の三連休で鳥見はどうなることやら。

一月前から全く写真が撮れず、今回もひと月前のキセキレイさんです。

キセキレイ
夏羽の雄

キセキレイ
奥様のキセキレイ 口にいっぱい虫をくわえています

一月前は営巣していたので、番で虫を運ぶ姿が頻繁に見られました。
翌週は巣立ったようで高いところで姿を見ています。
その後、姿も見れず。
バ-ドリスニングの週が続いています。


西日本で大変な災害が起きました。
テレビで様子を見るたび、心苦しくなります。
一日も早い復興をお祈りいたします。
関連記事
category
キセキレイ

今日は夏鳥さんの姿を見ず

7月になりました。
それにしても暑いですね。
今日は水遊びの家族連れが夏休みのようににぎわっていました。
鳥たちの声はすれど姿は見られず、鳥見で1回もシャッタ-を押せれず、という季節がいよいよやってきました。

キビタキ雌
3週間前のキビタキのお母さん

キビタキ雄
上のキビタキさんのだんな様 (すごく暗い場所だったので明るく修正しています)同じく3週間前です

ユキノシタ
3週間前のユキノシタ

テイカカヅラ
これも3週間前のテイカカヅラのお花

本日はキビタキ・オオルリのさえずりがめっきり少なくなりました。
子育てが終わったのでしょうか。来週は幼鳥たちが見られると良いな。
関連記事
category
キビタキ

まだ見られると聞きました

まだまだ出ているよ、と教えてもらい鳥友と行ってきました。
現地は誰もいません。しばらく待っていると、車の音を聞いてヤマドリさんが出てきました。

今度こそ、長い尾羽も写そうと頑張ったのですが。

ヤマドリ
短い尾羽に見えます

ヤマドリ
鳥友の後ろをついていきます

ヤマドリ
お顔だけ出して動きません

ヤマドリ
何故か走って距離を縮めてきます

こちらの姿を見ると近くによってきました。
ククク、と小さく鳴いているのですが、同じ様にククク、と返すとこれが合図で追いかけてきました。
背中を見せると軽くキックされます。
威嚇されている、というより遊んでいる様子です。
距離をとってもヤマドリさんから仕掛けてくるし、茂みに戻る様子はありません。
雨が降り始め、これで帰るね、どうもありがとう。と告げ車に乗りヤマドリさんを見ると姿がありません。
遊んでもらったのはこちらだったようです。
関連記事
category
ヤマドリ

久しぶりに出会った幼鳥さん

6月になり、めっきり鳥達の姿が見られなくなりました。
川沿いを歩いていても静かです。

カジカガエル
カジカガエルの鳴き声が聞こえ、石の上を一つずつ探してみると、 いました!

鳥たちと同様、数年前に比べカジカガエルの鳴き声が少なくなった気がします。
寂しいものです。

今日は、鳥はだめかな~と諦めて折り返し地点。とても騒がしい群れがいました。

シジュウカラ
シジュウカラの幼鳥さん 賑やかなはずです

シジュウカラ
家族から離れ向こう岸で鳴いて、また戻ってきました

ホタルブクロ
毎年同じ場所で咲くホタルブクロ

カジカガエル
帰り道、カジカガエルは2匹でした こちらは鳴かないのでメスかな?

カジカガエル
喉の袋を震わせて鳴いていました。 ということはオスですね

8月まで鳥さん以外も気にして歩こうと思っています。
関連記事
category
シジュウカラ

鳥さんに出会う機会が少なくなりました

5月最終の日曜日、コサメビタキを期待して行ったMF。
まず珍しいカザグルマの花を見に川沿いを歩いて行きました。

カザグルマ
愛知県の絶滅危惧種Ⅱ類です

昨年教えてもらい、今年は開花の時期は注意してみていました。
数年通っているMFですが、知らないことがたくさんあり、トコロジストにはまだまだです。

コアジサイ
MFでちょこちょこ咲いているコアジサイ よく見ると繊細でとても美しいお花

鳥たちの声はすれど姿は見れず、撮れず。
ヤブサメが葉の上に乗っている姿を見て、なんて小さくて軽いんだろう、と思いましたが撮れずでした。
目的のコサメビタキはⅠ度現れましたがピントがぶれ、唯一撮れたのはキジバトさん。

キジバト
このMFでは出現が少ないキジバトさん

そういえばここでキジバトを撮ったことがない、と気が付きました。
人が近づくと逃げてしまうキジバト、数年前の山中で出会ったキジバトと一緒だ、と思いました。
(自宅近くのMFではキジバトさんは人の間をすり抜けて飛んでいきます)
関連記事
category
キジバト

6月です

先週、渡りが遅いシギチがいないか干拓地~干潟に行きました。
河口では満潮時間になってしまい、見られずじまい。
野鳥館の方に足を怪我したチュウシャクシギの話をすると、何故かチュウシャクシギとキアシシギは怪我の個体が多いと教えてもらいました。
その方のお話が、わたしの春のシギチ終了でした。

チュウサギ
干拓地では夏羽のチュウサギに出会いました

10羽ほどチュウサギがいたのですが、目が赤い個体は2羽だけでした。

チュウサギ
じっと見すぎて飛ばれました

チュウサギ
羽がレ-スのようで美しい

モンシロチョウ
モンシロチョウが4頭いました

モンシロチョウ
この個体は羽が所々切れているのですが飛べるし喧嘩もしていました

6月になりました。見られる、撮れる鳥さんが少なくなります。
鳥運がよくなることを願うばかりです。
category
チュウサギ

内陸のチュウシャクシギ

干拓地に行きましたが出会いが無く、移動をしようと思いかけたらチュウシャクシギ15羽に出会いました。

チュウシャクシギ
なんの植物かわかりませんが、先に実か種があるようで首を伸ばして食べている個体もいました

チュウシャクシギ
横をトラックが通るたび飛び出し、2~3分後に歩いて戻る、を繰り返しました

チュウシャクシギ
またトラック通過 なので飛翔姿は同じ方向ばかり

チュウシャクシギ
飛んでくれるのはありがたいのですが、落ち着いて食べていられないので可哀想です

同じことを1時間ほどで繰り返し、南の方面に飛んでいきました。
移動前は1羽が長めに鳴いていました。
移動しようと催促していたのでしょうか。

関連記事
category
チュウシャクシギ

今年もウズラシギに出会えました

春のシギチ、生活圏の田畑はまだお水がはられないので見ることが出来ません。
毎年、内陸のシギチを探しに干拓地まで出かけます。

今季2度目のウズラシギさんとの出会い、嬉しかったです。

ウズラシギ1
目を見ると、怒っているようです

ウズラシギ
水浴びは力いっぱい!

ウズラシギ
お水を切るため翼を広げるのですが、腕を伸ばして盆踊りのようです

ウズラシギ
これもお水切りですが、ストレッチに見えます

この後あぜ道の方に行くのですが、羽づくろいが足らないようで

ウズラシギ
再び羽を広げていました

まだいるだろう、と20分ほど離れましたが、戻った時は2羽ともいませんでした。
本当に短い出会いでした。
関連記事
category
ウズラシギ

今季も干拓地で出会えました

干拓地に内陸のシギチを探しに行きました。
干潟では蟹をめぐって喧嘩っ早いチュウシャクシギ、干拓地で喧嘩を見たことがなく、喧嘩をするほど獲物がないのかもしれません。

この日は6羽集まっていました。

チュウシャクシギ
警戒心が強く車内で待っていてもなかなか近づいてくれません

チュウシャクシギ
写真ではチュウシャクシギが2羽ですが 少し前までハシボソガラス、ヒバリ、ツバメがいて賑やかでした

チュウシャクシギ
翼の模様が粋です

うっかり見逃した鳥さん(ツバメチドリです)がいたそうでガックリ、粗忽者です。
根気よく回るしか無い、と思い直していますが、当分落ち込んでいました。
関連記事
category
チュウシャクシギ